特集:アダルトプロフェッショナル−仕事の前戯−

「仕事の前戯」を通して、彼らのプロフェッショナル性に迫ります。

 トップAV男優しみけんが撮影前日、好きな子とセックスできなかった理由とは…

2017.11.22 特集個性的インタビュー生き様東京グラフィティ12月号(♯147)

小峰  克彦

小峰 克彦(Editor)


アダルトな世界の最前線で、新たな道を切り開こうと格闘中の挑戦者、アダルトプロフェッショナル
発売中の東京グラフィティ『TOKYOSEX』特集ではそんなアダルトプロフェッショナルの仕事術や素顔を探ります。
題して「仕事の前戯」。本番で最高のプレイをするために取り組む「営み」=「仕事の前戯」を通して、彼らのプロフェッショナル性に迫ります。

第一回目は頭脳派AV男優として、クイズ番組やバラエティ番組でも活躍中のしみけんさん。
人とコミュニケーションをとるとき、引き出しは多いほうがいい」と語るしみけんさんの仕事の前戯は“雑学と会話術の勉強”だそうです。
そんな彼の男優としての素顔を一問一答で大公開!


 

PROFILE

頭脳派AV男優 しみけん(38)  
業界歴:20年/得意技:しみクンニ

・AV業界に入った経緯は?
「幼少期から女性の排泄物に興味があったが、誰にも話せず窮屈な青春時代だった。それを隠さずにいられるこの世界に自分の居場所を見出した」

・セックスで気をつけていることは?
「相手が何を求めてどう感じているか」 

・AV業で一番幸せだった瞬間は?
「手紙やTwitterで、 悩みがなくなったとか気持ちが軽くなったと言われたとき」 

・AV業で一番つらかったことは?
「大量顔射ものの撮影前日に、好きな子を口説いたのに、精子を溜めるためにセックスできなかったこと」 

好きな女の子とのエッチよりも、仕事の大量顔射を選ぶしみけんさん。
一流の男優さんのプロ意識のお陰で、僕たちはエキサイティングな映像を日々楽しむことができるんですね……。
東京グラフィティ12月号ではそんなアダルトプロフェッショナルたちの「仕事の前戯」を大特集しています! ぜひアダルトな世界を極める、かっこいい大人たちの言葉に触れてみてください!


 


 


 

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ12月号発売中!

東京グラフィティ12月号発売中!

【特集】TOKYO SEX
318人が話す、本当のこと

表紙をクリックすると
フリーで記事が読めます!!⇒

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック