特集:[DDTD]脱・童貞の夢

どんな初セックスが理想ですか? 童貞のみなさんに聞いてみました。

 21才男子が童貞卒業デートで掛けたいBGMは?

2017.11.23 特集PICKUPほっこり個性的インタビュー東京グラフィティ12月号(♯147)

小峰  克彦

小峰 克彦(Editor)

童貞……それはすべての男子に許された青春の時代。
青春の渦中にいると「童貞を失いたい」と疎ましく思うこともあるけれど、失ってしまっては二度と帰ってこない甘美な時間……。

発売中の東京グラフィティ『TOKYOSEX』特集では、そんな童貞の皆さんに“憧れの初セックス”を妄想してもらいました。どんな相手と、どんな流れで、どんなシチュエーションで...?  青春を過ぎれば決して表現することのできない、クリエイティブでロマンチックなワンマンショーを、ぜひお楽しみください!

第1回は大学生の勇誠クン(21)。

PROFILE

勇誠(21)大学生

ーー理想の初体験を教えてください。
 

「ダコタ・ファニング似の美人を、自宅まで車で迎えに行く。自作のミックステープをかけて雰囲気はバッチシ! 横浜でディナーをしたあと、海が見えるところに車を止める。 
Blood Orangeの『Best to You』がかかった瞬間 にディープキスを始める。ここはじっくりいきたいところだ。  
ディープキスしながら胸を揉みつつ、服を脱がせていく。彼女が僕の下半身を触ってきてフェラをする。普段はエッチな雰囲気はないのに、セックスでは積極的になる彼女
負けじと自分もクリトリスを攻める。いい感じになってきたらコンドームを着けてもらって、発射準備OK。 
喘ぎ声を聞きながらフィニッシュしたら、僕は無敵マリオ的な心境で安らかに眠り、これまで味わったことのない幸福感に包まれるだろう」

Blood Orangeの『Best to You』がかかった瞬間 にディープキスをはじめる
洋画ならばストップモーションになりそうなシチュエーションですね!
そんなクールな勇誠クン(21)の特技はもちろん“センスあふれる選曲”。
脱・童貞の日も近いかも…!?

発売中の東京グラフィティ『TOKYOSEX』特集では23人の童貞たちに“脱・童貞の夢”を語っていただいてます!
 

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ12月号発売中!

東京グラフィティ12月号発売中!

【特集】TOKYO SEX
318人が話す、本当のこと

表紙をクリックすると
フリーで記事が読めます!!⇒

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック