ネオ東京人

ちょっと新しくて、ちょっと変わった街の人のインタビュー。

 【ネオ東京人】 顔も心も美しいスウェーデン人庭師

2018.03.28 東京グラフィティ4月号(#149)ネオ東京人個性的インタビュー生き様

小峰  克彦

小峰 克彦(Editor)

ちょっと新しくてちょっと変わった街の人、ネオ東京人を紹介します。
今回はスウェーデン人出身の日本人庭師・村雨辰剛さんです!

PROFILE

村雨辰剛(29)庭師 スウェーデン出身 

座右の銘:不退転
好きな食べ物:焼き魚定食
嫌いな食べ物:レバー
得意技:3ヵ国語が話せる

スウェーデン人として生まれた容姿が肩書きとのギャップになるなら、積極的に利用していきたいんです。

Twitterで庭師の仕事の様子を発信したり、モデルとして活動したりするのは、自分を通して若い人に日本の古き良き文化に興味を持ってほしいから。
16歳で初めて日本に滞在したとき、ホームステイした家が立派な日本庭園のある日本家屋で、毎日ご先祖様に向かって般若心経を唱える習慣があったんです。歴史を尊重する文化に衝撃を受けました。
19歳から日本に住んで、26歳のときに帰化申請が通って日本人になりました。

日本の伝統を継承する仕事に就きたくて、 年間修行したあと、今は関東で庭師の現場監督をしています。

嬉しかったのは「松の木が邪魔だから切ってくれ」とお客さんに依頼され、「こんな立派な松を切ってはいけない」ときれいに手入れしたら、気に入ってもらえたこと。 

お寺や神社と違って、個人宅の日本庭園や神棚は、維持を諦めたら伝統が継承されずになくなってしまうと思います。

将来は庭師として海外と日本で半々に活動しながら、世界中に日本庭園や日本家屋の良さを伝えていきたいです。 

最新号「古い家LOVE!」全国の書店・コンビニで発売中!
魅力的な“古民家LIFE”が盛りだくさん。
ぜひ、店頭でお買い求めください!
 

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ4月号発売中!

東京グラフィティ4月号発売中!

【特集】古い家LOVE!


表紙をクリックすると
フリーで記事が読めます!!⇒

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック