ネオ東京人インタビュー

ちょっと新しくて、ちょっと変わった街の人のインタビュー。

誰よりも人の痛みがわかる人間でありたい。唯一無二のホスト」

2016.11.13 個性的生き様東京グラフィティ10月号(#140)

PROFILE

クララ(26)
APiTS ホスト 愛知県出身
座右の銘:人生を振りにしてボケろ
好きな食べ物:ラーメン
嫌いな食べ物:たこ
得意技:人生相談に乗ること

INTERVIEW

——
 ホストの前は芸人でした。僕は生まれつき脳性まひという病気で、大学生の頃から車いす生活。その後、生活費を稼ぐため、また「しゃべり」をやめたくなかったので人と話す仕事としてホストを選びました。

——
 ホストって正直「女をだまして金を取ってる」ってイメージだった(笑)。でも、先輩たちを見ていると、真剣な接客業なんだって考えが変わりました。僕、以前、芸能人のなりすましメール詐欺にあったんです(笑)。そのとき、信じて返信した僕に会長が、「俺たちの仕事は、そいつが本物か偽物かを見極めることじゃない。困っていると感じた人に対して、真剣に応えるのがホストの仕事だ」って言ってくれたんです。その言葉が、僕のホストとしての指針になっています。

——
 今までもいろんなことに挑戦して、たくさん失敗してるんです。でも、いつでも夢は「障がいを持った子どもの救世主になること」。いつかはテレビに出て「車いすでも活躍できるんだ」って伝えたい。芸人もホストも、すべてはそこにつながっているんです。どんな職業に就いていても、僕は僕。これからも夢に向かってブレずに、突き進んでいきたいです。

REPORTER

今泉悠

東京グラフィティ編集部

今泉悠

YU Imaizumi

何をするにもまずは座学からの文化系。
画像は今流行りの「盛りセルフィー」、
大量に盛ってみましたぁ!

〈日々のTips〉(不定期更新)
道に生えている雑草を摘んで帰り、
家に飾ってみましょう。
案外立派に見えるものです。
植物図鑑を持っていれば、
名前を調べてみましょう。
変な名前が多いです。
誰かの敷地から雑草を摘んではいけないのと、
葉っぱの裏に虫の卵が付いていることがあるので、
その2点に気をつけてください。

TOKYO GRAFFITIでは参加者を募集しています。参加したい人はコチラ

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ4月号発売中!

東京グラフィティ4月号発売中!

【特集】TOKYO  SINGLE LIFE―おしゃれひとり暮らし実例アイデア125―

表紙をクリックすると
フリーで記事が読めます!!⇒

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック