タイムスリップ写真館

昔の写真を同じメンバー、同じ構図で再撮影

15年経っても両思いの父娘。」

2017.02.02 東京グラフィティ2月号(♯142)ほっこり

「大きくなったらパパと結婚したい」
そんな娘の言葉に踊らされたお父さんは、多いはず。
いくつになっても娘は娘、かわいいものです。
(娘のわたしが言うのもなんなんですけど。)

今回のタイムスリップ写真館は、
いまも昔もラブラブな父娘をご紹介。

 

ちゅーー


いまでもかっこいいままのお父さんと、綺麗に成長した娘さん。
みててちょっと照れくさいけど、とっても微笑ましいですね。

1999

右:篠原風音(4)
当時の夢「歌手になること」
当時夢中になっていたこと「泥遊び」
当時つらかったこと「毎朝プチトマトを食べること」
当時の父の好きだったところ「抱っこしてくれるところ」


左:篠原謙一(31)会社員
当時の夢「お金持ちになること」
当時夢中になっていたこと「ゴルフ」
当時つらかったこと「帰宅時間が遅いこと」
当時の娘の好きだったところ「素直なところ」


 

2014

右:篠原風音(19)大学生
将来の夢「パパより稼げるようになること」
今夢中になっていること「バレーボールサークル」
今つらいこと「一人暮らしでさみしいこと」
今の父の好きなところ「困ったとき、相談に乗ってくれるところ」

左:篠原謙一(46)会社役員
将来の夢「妻と旅行に出かけること」
今夢中になっていること「ゴルフ、マラソン」
今つらいこと「マラソンの練習」
今の娘の好きなところ「勉強や習い事を計画的に続けるところ」

 

この記事は現在発売中の「東京グラフィティ2月号」からの転載です。

REPORTER'S COMMENT

小さい頃に撮ったお父さんとのちゅー写真て、絶対1枚はありますよね。
わたしはあったんですけど。
反抗期ぐらいにそれを発見したときは、正直すごく落ち込みました。笑

けど、いま見返すと、すごく素敵な写真で。
いまより若い父が、わたしを見てものすごく嬉しそうな顔をしているのをみると、愛されているなあとジーンとしてしまいます。

とまあ、いつの間にか自分を重ねていた今回のタイムスリップでした。


 

REPORTER

山口奈々子

東京グラフィティ編集部

山口奈々子

Nanako Yamaguchi

クラスで2番目に絵が上手いタイプです。

TOKYO GRAFFITIでは参加者を募集しています。参加したい人はコチラ

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ4月号発売中!

東京グラフィティ4月号発売中!

【特集】TOKYO  SINGLE LIFE―おしゃれひとり暮らし実例アイデア125―

表紙をクリックすると
フリーで記事が読めます!!⇒

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック