?>

VOICE:街角オピニオン

街の人に同じ質問をしてみました!

 【実録】ほんの少しの選択で、人生が変わった人たち

2017.03.24

山口奈々子

山口奈々子(Editor)

ほんの少しの選択って、一番踏ん切りがつきにくい。
けどそれで、大きく目の前が開けることって、ありますよね。

今回は、「人生で良かったと思う選択」というテーマのVOICEから、
そんな”ささやかながら大きな一歩”的選択をした人たちをチョイスしてみました。
あなたのちょっとした、けど踏み出せていない一歩の、背中を押すきっかけになるかも?

まずは、この人から。

おしゃれの幅が広がったり

確かに、子ども服って大人用にはない素朴なセンスの良さがあって、物もいいですよね。
雑誌に出た服をみんなが着ている昨今、そもそものセレクトで差をつけるっていいなあ。

余談ですが、わたしは逆で洋服の丈が足りなくなるので、メンズを着ています。
​はいどうでもいいですね、次。

一生の友達が出来たり

SNSこそ、話しかけるのってすごい緊張しますよね。
けど、こういう出会い方もあるんだなあって、なんだか21世紀を感じます。
21世紀って感じ方がそもそも古いのかしら。ウーン。

話の合う仲間と働けたり

これって人によるかもしれないんですが、
同じお店に何回も行くのって緊張しちゃうというか。
「こいつまた来てんな〜」って思われてるんだろうなとか考えてしまって、
せっかくちょっと仲良くなっても、パタリと行かなくなるんですよね。
自分も、そうやって守りに入るばかりじゃなくて、
もっと距離を縮めたり、いろんな話ができるようになればいいなあ。

​続いて。

自分を好きになれたり

髪質って、誰しもの悩みの種ですよね。
けど、逆にそれが克服されるだけで、ちょっと気分が軽くなる。
雰囲気もガラっと変わりますしね。
まぶしい笑顔が、なんだか余計まぶしいです。


さて、ここまで読んでいただいたみなさま。
あなたの「選択」って、なんですか?
あなたの小さいながらも大きな一歩、もし思いついたら教えてくださいね。
 

REPORTER'S COMMENT

ちなみに、私のよかったと思う選択は..「ゲンゴロウを食べてみたこと」かな。
以来、好き嫌いがなくなりました。
 

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ 8月号発売中!

東京グラフィティ 8月号発売中!

東京グラフィティ8月号発売中!

【特集】海の近くで暮らそう―湘南LIFE*2017

表紙をクリックすると
フリーで記事が読めます!!⇒

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック