ネオ東京人インタビュー

ちょっと新しくて、ちょっと変わった街の人のインタビュー。

 何で?…ある日、男の子がギャルに。ギャルでネガティブから脱するとは?

2017.03.29 東京グラフィティ4月号(#143)

今泉悠

今泉悠(Editor)

男の子から生まれ変わった ポジティブ・ギャル

Photo:Kay N(IIZUMI OFFICE)

Profile
ちゃんやよ(23)自由人
愛知県出身
座右の銘:人生笑ったもん勝ち☆
好きな食べ物:お肉
嫌いな食べ物:ゲテモノ料理
得意技:早食い

 ニューハーフって一般的には言うのかな、私は絶対に言わないけど。こういうのは私の中で普通だし、ギャルなのも普通。気持ち的に普通でいるのが一番だから別に気にしていないんだと思う。だからマイノリティの自覚がないっていうか。

 ギャルになったのは18歳のとき。高校は、男子の制服を着るのが嫌なのもあって、1年で中退した。その後はずっと女の子の格好。当時、COCOLULUとかが流行ってて、かわいいなぁって思ってて。でも、きっかけは『egg』かな。一気にギャルになったと思う。

 

Photo:Kay N(IIZUMI OFFICE)

 中1で自分の性を知って病気だと思ったけど、中3で私と同じような人とアプリで出会って、フルで自分をオープンにできたと思う。そしてギャルになって、完全にポジティブになったかな。ギャルって元気になれるっていうか、見た目的にもポジティブだし自分っぽいから。

 楽しいときは友だちといるとき。友だちは、ギャルも私みたいな人も、どんな人でもいる。

​ 彼氏に「生まれてきてくれてありがとう」って言われたときが一番幸せだったかな。
 

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ 8月号発売中!

東京グラフィティ 8月号発売中!

東京グラフィティ8月号発売中!

【特集】海の近くで暮らそう―湘南LIFE*2017

表紙をクリックすると
フリーで記事が読めます!!⇒

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック