ひとり暮らしギャラリー

 お部屋がアートそのもの? 美大生が作るイノセント空間

2017.07.04 暮らしほっこり生き様東京グラフィティ6月号(#144)

金澤李花子

金澤李花子(Editor)

お部屋から静けさと落ち着きが感じられる、メグミさんのご自宅。
それで美大生というから納得の、素敵な暮らしとは?
 

PROFILE

メグミ/20歳/大学生/A型

神奈川県出身

趣味:スパイス集め

ひとり暮らし歴:1年9ヵ月

 

この部屋のセールスポイント

「角部屋で窓が多く、光がたくさん入るところ」

この部屋のウィークポイント

「目の前の畑から土が入ってくるので、窓が開けられない」

FAVORITE
お部屋がアートそのもの? 美大生が作るイノセント空間

▲緑色の深さがお気に入り

大学の芸術祭で購入しました。ちょっとした外出に丁度いいサイズ感。持ち手が華奢に見えるけど、革なので意外としっかりしてます。

お部屋がアートそのもの? 美大生が作るイノセント空間

▲自分の好きを集めた壁

好きな写真家の作品や、自分の作品のテストピースを貼っています。制作で行き詰まったときに眺めています。

お部屋がアートそのもの? 美大生が作るイノセント空間

▲100年前のカップ

岐阜の小道具店で購入。昔のものだけど現役で、紅茶を飲むときに使っています。花びらのような飲み口がお気に入りです。

お部屋がアートそのもの? 美大生が作るイノセント空間

▲私のポートレート

2年前の誕生日に、彼が描いて贈ってくれたもの。油絵は時間がかかるので、その手間暇がとても嬉しかったです。

ROOM DATA

西武国分寺線  鷹の台駅

間取り:1K+ロフト(6帖+4.5帖)

家賃:¥41,000/居住年数:1年9ヵ月

駅から徒歩:10分/築:29年

 

この駅を選んだ理由

「学校が近く、知り合いも多く住んでいるから」

住んでみてどうでしたか?

「ローカルな雰囲気で自然が多いが、終電が早い」

次に引っ越すなら?

「商店街やお店が多い阿佐ヶ谷や西荻窪。地元の交流が盛んそうだから」

 

 

REPORTER'S COMMENT

疲れて帰ってきた時、楽しい時、辛い時…
いつでも帰る場所は”お部屋”だと思ったら、自分の部屋をもっと大切にしなくちゃ、と思う今日この頃です。

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ10月号発売中!

東京グラフィティ10月号発売中!

【特集】#バッグの中身
総勢35名の人気者のバッグの中を大公開!!

表紙をクリックすると
フリーで記事が読めます!!⇒

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック