スクープ!ギャル会話

 日サロ行けばOK? バイオ兵器の対処法

2017.07.04 東京グラフィティ6月号(#144)

今泉悠

今泉悠(Editor)

ギャルにちょっと時事問題を聞きました。

PROFILE

左:のんち(17)学生/主婦/得意技:料理/弱点:怖いもの/好きなタイプ:笑顔が素敵な人♡/出没スポット:新宿、渋谷、地元/はまっていること:料理

右:るな(19)フリーター/得意技:料理/弱点:こちょこちょ/好きなタイプ:嘘をつかない人/出没スポット:町田/はまっていること:マーベル映画

Q:核や化学兵器に加え、バイオ兵器が国際社会の脅威に。ギャルのバイオ兵器対策は?

:強くなった人が街で暴れる。
:ウチはいい薬だと思う!
:それって体の悪いところが全部治っちゃう注射だよね。
:バイオ兵器ってなんだろう?
:バイオハザードっしょ。
:それならマスクで防げそう。
:大きい筒を空にボフンって!
:バズーカね!
:世界中にウイルスばらまいちゃうみたいな。
:裏社会の人かな。
:たぶんアメリカじゃね。
:ウイルスやだ! 風邪ひいちゃう。
:たぶん眉毛が繋がっちゃうウイルスだよ!
:えー早く剃らなきゃ。
:てか肌焼いてれば大丈夫そうだよね。
:頑丈になって菌入ってこない!
:日サロ行こー!

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ12月号発売中!

東京グラフィティ12月号発売中!

【特集】TOKYO SEX
318人が話す、本当のこと

表紙をクリックすると
フリーで記事が読めます!!⇒

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック