ふたり暮らしギャラリー

 横浜に暮らす、新婚夫婦の愛の巣が見たい。

2017.07.04 暮らしほっこりカップル東京グラフィティ4月号(#143)

金澤李花子

金澤李花子(Editor)

横浜暮らしって、それだけでおしゃれな音楽が流れてきそうですが、



新婚て!!


地元の親友が結婚式を控え、
ついに結婚を真剣に考えるようになった編集(24歳)が
ほっこりおしゃれな愛の巣をお届けします。

PROFILE

東急田園都市線  市が尾駅

Shun/30歳/飲食業/O型

神奈川県出身/趣味:アウトドア

Mario/31歳/主婦/B型

神奈川県出身/趣味:食器集め

ふたり暮らし歴:3年

 

この駅を選んだ理由

「二人の地元だったから」

住んでみてどうでしたか?

「ショッピングモールが近くて便利だけど、坂が多い」

次に引っ越すなら?

「二人とも海が好きなので、湘南に住みたいです」



 

FAVORITE
横浜に暮らす、新婚夫婦の愛の巣が見たい。

▲物件の決め手でした

夫婦でゆったりくつろぐリビングルームの壁。ウッディな壁紙に、グリーンが映えてお気に入りです。

横浜に暮らす、新婚夫婦の愛の巣が見たい。

▲移動できるワゴン

かわいいワゴンに一目惚れ。お気に入りの小ぶりな植物を入れて、ダイニングの足元に配置しています。

横浜に暮らす、新婚夫婦の愛の巣が見たい。

▲キッチン用品をインテリアに

カフェ風のキッチンに憧れて購入したショーケース。マグカップや調味料をおしゃれに見えるように収納しています。

横浜に暮らす、新婚夫婦の愛の巣が見たい。

▲食器のコレクション

食器集めが趣味なので、北欧の食器や作家さんの食器を収集しています。見た目がかわいいので、並べてディスプレイにしても◎

ROOM DATA

間取り:2LDK(12帖+6帖+6帖)

家賃:¥100,000/居住年数:1年6ヵ月

駅から徒歩:10分/築:20年

この部屋のセールスポイント

「もともとの壁紙がおしゃれなところと、収納が多いところ」

この部屋のウィークポイント

「玄関が暗いところ」

REPORTER'S COMMENT

新婚生活って本当に甘いのかしら…
四六時中同じ顔をみていて飽きないのかしら…
など、ひねくれた結婚への価値観を持っていた私。

「結婚って…いいかも」と思わせていただいた、素敵なお部屋でした。
 

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ 8月号発売中!

東京グラフィティ 8月号発売中!

東京グラフィティ8月号発売中!

【特集】海の近くで暮らそう―湘南LIFE*2017

表紙をクリックすると
フリーで記事が読めます!!⇒

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック