?>

タイムスリップ写真館

昔の写真を同じメンバー、同じ構図で再撮影

 ピッチャーの彼を応援に行った、29年前へタイムスリップ!

2017.07.26 東京グラフィティ8月号(♯145)

山口奈々子

山口奈々子(Editor)

昔の写真を、同じ構図とメンバーで再撮影する企画「タイムスリップ写真館」。
発売中の『東京グラフィティ』最新号では、「長年寄り添う夫婦編」と題して、さまざまなご夫婦の新婚時代の写真を再現しています。

今回も素敵な一枚をご紹介!

29年前、都市対抗野球の応援前の一枚


 

1988


右:萩本聡子(23)幼稚園教諭/調布市在住
・当時の夢「寿退社」
・当時夢中になっていたこと「野球の応援」
・当時つらかったこと「寮生活で連絡が取りづらかったこと」

左:鈴木浩実(25)会社員/新宿区在住
・当時の夢「社長になること」
・当時夢中になっていたこと「野球、クルマ」
・当時つらかったこと「遊ぶ時間がなかったこと」
 

2017


右:鈴木聡子(52)会社員/板橋区在住
・将来の夢「子供たちの幸せと成功、ウクレレを習うこと」
・今夢中になっていること「家族の応援」
・今つらいこと「ダイエット」

左:鈴木浩実(54)会社社長/板橋区在住
・将来の夢「幸せな老後」
・今夢中になっていること「ゴルフ、サウナ」
・今つらいこと「ダイエット」


変わらず凛々しくかわいらしいお二人に憧れちゃいます。
ステキな夫婦の「タイムスリップ写真」をもっと見たい人は、こちらから〜
 

『東京グラフィティ』発売中です
雑誌『東京グラフィティ8月号』発売中です。

表紙はSuchmosのYONCEさん。
地元・湘南の思い出、そして海と音楽の関係などを語っていただきました。

【特集】「海の近くで暮らそう」湘南のLIFESTYLE集
【サブ特集】「タイムスリップ写真館〜老夫婦編」長年寄り添う夫婦の昔の写真を再撮影!

そのほか、街角の意見を聞く企画「VOICE」のお題は「あなたが本命の相手にだけする行為は?」。
また、「私が出会った人生最高の映画」では、シンガーソングライターの吉澤嘉代子さんにインタビューしています。

是非、ご覧下さい〜

※『東京グラフィティ』は、全国の大型書店、ヴィレッジバンガード、都内コンビニ、そしてネットでお求め頂けます。
REPORTER'S COMMENT

二人のいつまでも若々しく仲良しな関係に、撮影しながら「いいな〜」なんて思ったり。
今年の都市対抗野球でも、また新たな恋が生まれているんでしょうかねー。

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ 8月号発売中!

東京グラフィティ 8月号発売中!

東京グラフィティ8月号発売中!

【特集】海の近くで暮らそう―湘南LIFE*2017

表紙をクリックすると
フリーで記事が読めます!!⇒

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック