?>

外国人からのメッセージ!!

日本の街にいる外国人からメッセージ!

 え!そうなの!?リアルなアメリカがイメージと全然違う。

2017.07.29 東京グラフィティ8月号(♯145)

山口奈々子

山口奈々子(Editor)

発売中の雑誌『東京グラフィティ』から、中身をちょっとだけチラ見せ。

アメリカってどんなイメージですか?英語?ファストフード?愛国心?でも本当の姿は…。
日本に遊びにきたアメリカ人の皆さんが「リアルなアメリカ」を教えてくれました。
 

世界の共通言語、だけど…

PROFILE

ジョン(28)アメリカ

アメリカと言えば英語!と同時に、肌の色も、人種も、言語まで違う人が一緒に暮らしている国。日本に暮らしていると想像が難しいです。
 

ハンバーガーをおかずにポップコーンを食べる、わけではなさそう。

PROFILE

ジェイク(20)アメリカ

ファストフードの印象が強い一方で、たしかにオーガニック食品とかも流行ってるイメージ。
ちなみに、私は未だにビーガンの意味が分かっていません。
 

開拓時代から続くアレのイメージは…

PROFILE

ダン(22)アメリカ

…なんだ、ほっとしました。
 

アメリカ国民であることが誇りなのでは?

PROFILE

ヨルト(47)アメリカ

え、それ言っちゃっていいんですか。(笑)
けど、それを尊重できるからこそ、アメリカなのかもしれません。

なんだかこう聞くと、みんなが英語ペラペラでファストフード食べていて「アメリカ万歳!」って言ってる訳じゃないんですね。ま、そりゃそうか。
近くて遠い国、まだまだ知らないことは多そうです。

また順次公開していきますので、楽しみにお待ちください。
すでに公開している記事もありますよ〜

 

東京グラフィティ8月号、発売中です。
表紙はSuchmosのYONCEさん。
地元・湘南の思い出、そして海と音楽の関係などを語っていただきました。

【特集】「海の近くで暮らそう」湘南のLIFESTYLE集
【サブ特集】「タイムスリップ写真館〜老夫婦編」長年寄り添う夫婦の昔の写真を再撮影!

そのほか、街角の意見を聞く企画「VOICE」のお題は「あなたが本命の相手にだけする行為は?」。
また、「私が出会った人生最高の映画」では、シンガーソングライターの吉澤嘉代子さんにインタビューしています。

是非、ご覧下さい〜

※『東京グラフィティ』は、全国の大型書店、ヴィレッジバンガード、都内コンビニ、そしてネットでお求め頂けます。
 
REPORTER'S COMMENT

大学生のとき、ニューヨークへ行きました。
1ピースが顔より大きいピザ、それを何枚も購入していったふくよかな女性…。

あれっきり、私のなかのアメリカはそこで固定されているんですが、一面でしかないんですよね。うん。

 

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ 8月号発売中!

東京グラフィティ 8月号発売中!

東京グラフィティ8月号発売中!

【特集】海の近くで暮らそう―湘南LIFE*2017

表紙をクリックすると
フリーで記事が読めます!!⇒

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック