?>

タイムスリップ写真館

昔の写真を同じメンバー、同じ構図で再撮影

 仲良し夫婦、39年越しの #タイムスリップ写真館

2017.08.01 特集ほっこりカップル東京グラフィティ8月号(♯145)

金澤李花子

金澤李花子(Editor)

昔と同じ構図を、今同じメンバーで再撮影をする"タイムスリップ写真館"という企画。

39年前のご夫婦は
ご主人は仕事で夜が遅く、
奥さんはその帰りを待つという生活だったそう。

39年もの時間を経て、二人の関係性はどのように変化していったのでしょうか?
2枚の写真で比べてみましょう!

1978年

右:石毛精子(27)主婦/千葉市在住 ・当時の夢「もっとにぎやかで楽しい家庭にしたい」 ・当時夢中になっていたこと「自己流の洋服づくり」 ・当時つらかったこと「主人の帰りが遅く、眠かったこと」

左:石毛一昭(30)会社員/千葉市在住 ・当時の夢「楽しい家庭を築くこと」 ・当時夢中になっていたこと「写真」 ・当時つらかったこと「仕事」

39 YEARS LATER

右:石毛精子(66)主婦/千葉市在住 ・将来の夢「家族で世界一周列車の旅」 ・今夢中になっていること「映画鑑賞」 ・今つらいこと「身体的に年をとったと感じること」

左:石毛一昭(69)千葉市在住 ・将来の夢「全国を見て歩く」 ・今夢中になっていること「古い映画を観ること」 ・今つらいこと「お酒が飲めないこと」

その他のタイムスリップ写真館は➡︎こちらから!

雑誌『東京グラフィティ8月号』発売中です!!

表紙はSuchmosのYONCEさん。
地元・湘南の思い出、そして海と音楽の関係などを語っています。

【特集】「海の近くで暮らそう」
湘南のLIFESTYLE集
【サブ特】「タイムスリップ写真館〜老夫婦編」
長年寄り添う夫婦の昔の写真を再撮影!

そのほか、街角の意見を聞く企画「VOICE」のお題は「あなたが本命の相手にだけする行為は?」。
また、「私が出会った人生最高の本」では、シンガーソングライターの吉澤嘉代子さんにインタビューしています。

是非、ご覧下さい〜!

※『東京グラフィティ』は、全国の大型書店、ヴィレッジバンガード、都内コンビニ、そしてネットでお求め頂けます。
※売り切れなどで手に入らない!という方、お近くの書店にてお取り寄せが可能です。店頭やお電話にて、「東京グラフィティ8月号」とご注文ください。
 

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ 8月号発売中!

東京グラフィティ 8月号発売中!

東京グラフィティ8月号発売中!

【特集】海の近くで暮らそう―湘南LIFE*2017

表紙をクリックすると
フリーで記事が読めます!!⇒

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック