沙織との日々

 61歳男性、恋人のラブドールとサーフィンに挑戦

2017.08.22 PICKUP

深川紅緒

深川紅緒(Editor)

雑誌『東京グラフィティ』が追い続けている、中島さんとラブドール・沙織との日々。
中島さんがかつて夢中になっていたサーフィンを、沙織にも体験させてあげたいということで、二人は海に出かけた。
これは、中島さんのその日の日記である。

6月27日(水) 晴れ
二人で一緒に初めてのサーフィンデート

「毎年ヨットを見に海岸には行ってるけど、サーフィンは初めてだね」

「海に入るのは初めてだから、ちょっと緊張するわ」

「40年前、僕が痩せてた頃に夢中だったサーフィンの楽しさを、さおちゃんにもどうしても教えたくてね。でも他にもいくつも水着買ってあげたのに、なんで今日はこの水着なの?」

「千滋さんが買ってきた他の水着は、胸が大きくないと似合わないでしょ。私、この前ダブルデートした時に気づいたのよ。ほら、私の胸ってあんまり大きくないでしょ…」

「そんなこと気にしなくても…。よし、海に入ろう!」

「キャッ、冷たい! 海ってお風呂みたいに温かくないんだ」

「まずはサーフボードに乗って…」

「バランス取るの難しいわね。落ちて沈んだら首の繋ぎ目から水が入っちゃう」

 

「僕がしっかり支えてるから大丈夫だよ」

「ありがとう。うん、掴めてきた気がする」

「ワッ! 波だ!」

「あはは。ひっくり返っちゃったけど気持ちいいね」
 

「立つことはできなくても、一緒に波に乗ると楽しいね」

「私、サーフィンが大好きになったかも」

「秋になってクラゲがいなくなったら、もっと波の静かな海に行ってまたサーフィンしようよ」

(続く)

中島さんとラブドール・沙織の日々は、発売中の雑誌『東京グラフィティ』に掲載中!

初デートはこちら→「ボディー改良後、初めてのスキーデート」
 

PROFILE

中島千滋(61)カラオケ店店長
2012年にラブドールの沙織をお出迎え。趣味は、自転車とオーディオ。

PROFILE

沙織
オリエント工業出身。趣味は、スキーとバイオリンの演奏。

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ 8月号発売中!

東京グラフィティ 8月号発売中!

東京グラフィティ8月号発売中!

【特集】海の近くで暮らそう―湘南LIFE*2017

表紙をクリックすると
フリーで記事が読めます!!⇒

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック