しわとしわをあわせてしあわせ

 下北沢でとんかつ屋さんを営むご夫婦のしあわせな話

2017.09.07 ほっこりカップル東京グラフィティ8月号(♯145)

高野椋輔

高野椋輔(Editor)

​しわとしわをあわせてしあわせ!

47年一緒に過ごす、下北沢でとんかつ屋さんを営むおじいちゃんおばあちゃん。
しわの数だけしあわせを積み重ねてきた二人にお話を聞きました。
 

PROFILE

右:トシ子(70)
左:光二(73)

お二人が幸せを感じるものを聞きました。

お二人が食べると幸せになる食べ物はなんですか?
おじい「和食が好きだから、やっぱりお寿司かな」
おばあ「お父さんと二人で食べるごはんならどれも幸せね」

一番幸せだった言葉を教えてください。
おじい「僕が病気をしてお店に立てなかったときに、ゆっくり休んでねと言ってくれたこと」
おばあ「二人でここまでやってこれてよかったね、かなぁ」

一番幸せだった記念日はいつですか?
おじい「還暦のお祝いで行った金沢旅行だな」
おばあ「お父さんと言った温泉旅行は大切な思い出なの」

では一番幸せを感じる場所は?
おじい「富士山。よくキノコを採りに行くんだ」
おばあ「八王子にある夕やけ小やけふれあいの里ね」

相手から貰って、一番幸せを感じたプレゼントは?
おじい「お母さんからプレゼントは貰ったことがないね(笑)」
おばあ「私は誕生日に貰ったネックレス。すごく気に入ってるから毎日つけてるのよ」

最後に、一日で一番幸せな時間を教えてください。
おじい「仕事が終わってお酒を飲んでいるときだね」
おばあ「私も仕事終わりかな。ボーっとしている時間が幸せ」





お話をしているときもとても仲良しだったお二人。
僕もこんなおじいちゃんおばあちゃんになりたいなと思いました。

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ12月号発売中!

東京グラフィティ12月号発売中!

【特集】TOKYO SEX
318人が話す、本当のこと

表紙をクリックすると
フリーで記事が読めます!!⇒

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック