彼と彼女の初H日記

 日本人とイタリア人の国際カップルが初めてHした日

2015.12.23 個性的

深川紅緒

深川紅緒(Editor)

カレシ、N(23歳・学生)とカノジョ、K(22歳・学生)
交際歴1年のふたりが初めてエッチしたのは、2014年9月25日のことでした。

「ベッドの上でも彼はジェントルマン♡」

 彼との出会いは、共通の友人の紹介でした。当時イタリアに留学中で、それも着いたばかりの序盤。日本語を勉強してる友だちがいるから紹介すると言われて、連れてきたのが彼。彼を見て、「イケメンが来たー!」と思い、最悪な気分でした。なにせ夏にも関わらず、トラブルで前日にシャワーを浴びていなかったのです。汗臭さと髪のベタつきを我慢しながらも、当時は「何でこんなタイミングなんだよ!」と若干の恨みさえありました。今は本当に感謝していますけど(笑)。
 それからは、外国暮らしの不安でいっぱいだった私をたくさんお世話してくれ、いい友だちができてラッキー!と思っていました。ごはんに連れて行ってくれたり、一緒に遊んでもらったり。彼のことを知っていく中で一番嬉しかったのは、まだ外国での意思疎通に問題点がある私に、片言の日本語で必死に話しかけてくれたこと。私を一人にさせないようにしてくれてるんだな、と感じました。とは言っても、まだまだ仲のいい友人と思っていたし、ぶっちゃけ言うと"遊び"相手候補かな?なんて感じでした。それから数日経って、彼の家に手料理を食べに行って、意識していたわけでもないのに、普段は着ないようなワンピースを着たのをよく覚えています(笑)。そのまま家に泊まって、初セックスを迎えました。
 初めて日本人以外とことに及びましたが、とにかくカルチャーショック! ただただ、サイズ感が違いすぎる。通常時の存在感もそうですが、ビッグサイズを目の前にして「ムリムリムリ!」って真剣に思いました。そしてツルツル。さすが手入れが違う!って、もはや感動の域でした。でも彼は本当に優しさの塊で、緊張しまくっていた私も自然とそれがなくなっていきました。体格もしっかりしていて、包み込まれてる感がすごくあって、ジェントルマンとはこのことだって思いました。そのあとも一緒に遊び、彼が私のことをよく見てくれてることがわかって、理解者だと思ったんです。性格的にもばっちり合っていたので、関係性をしっかりさせようと思いました。彼のお気に入りの絶景スポットに連れて行ってもらった日に、再度告白を受けました。というか私が言わせたんですけど(笑)。
 そして、きちんと付き合うようになりました。そんな私たちですが、人生すべてを彼と一緒に経験して、いろんなことを一緒に感じていきたいなと思っています♡

「美しい日本人とセックスする夢が実現した日」

 宝くじに当たったことがないとはいえ、彼女に出会ったことこそイタリア人の私にとって、最もラッキーなことでした。彼女に出会う前、長い間付き合っていた元カノに振られて、毎日を寂しく過ごしていました。そんなある日友だちから、私の住んでいるイタリアに来た日本人女性を紹介したいと連絡がきました。ナンパしたい時期だったので、ちょうどいいと思いました。
 しかし、一目見て驚きました! 彼女はただのかわいい女性ではなく、美人だったのです。世界中で、日本人のようにかわいくて美しい女性はいないと思います。その日彼女はイタリアに着いたばかりで、化粧もしていないし、疲れた顔だったのです。そんな悪条件にも関わらず、好きだと思いました。おかしいですよね(笑)。きっと、いろんな意味でレベルの高い女に違いないと確信しました。
 私は自信がある男なので、すぐ彼女と仲良くなり、知り合って5日後に二人でデートしました。彼女にお酒をたくさん飲ませても特に何もなく、それでも楽しかった。そして、やはり私には自信があったので、次の日も遊びたくてもう一回デートをすることに。どんどん彼女のこと好きなって、わくわくしていたのを覚えています。二回目のデートでは、彼女が私の作るイタリア料理を食べたいと言ったので、家に招待して、のんびりワインを飲みました。雰囲気は完璧。ワイン、イタリア料理、私のギター、そして私たち二人。あんなに狭い部屋に、この世のすべてがあるようでした。それから、私のベッドの上でキスをする決心をして、その後はもう止まらなかった…! すぐにセックスをしようと思いました。私は筋トレで鍛えた素敵な身体を見せるために、裸になりました。彼女は私の腹筋や他の筋肉を見てびっくりしてくれて、誇らしい気持ちでした。そして、ムスコを見せると「デッカイ」と一言言いました。いよいよ、本当にエロくなってきて彼女も全部脱いでくれました。美しかった! やっぱり、美人は裸でも素敵なものです。挿れる前に「初めての外国人だから、どうだろうか?」と思いドキドキしましたが、結果入りました。思った通りで入りにくかったけど、気持ち良かったです。
 初めてのセックスは恥ずかしくて緊張したけど、本当に楽しかったです。それから、私たちはすぐ付き合うことになりました。
 これから、日本にいてもイタリアにいてもずっと一緒にいたいと思う彼女です。大好きやで!

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ6月号発売中!

東京グラフィティ6月号発売中!

【特集】LOVE IS FREE !!!―自由な愛のカタチ、いろんな恋愛の28人にインタビュー
表紙をクリックすると
フリーで記事が読めます!!⇒

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック