特集:LGBTカップルインタビュー

 結婚後、性転換した17歳差カップルの結婚生活

2016.01.27 特集PICKUPほっこり個性的インタビューカップル

飯田彩乃

飯田彩乃(Editor)

渋谷区に、いろんなセクシュアリティを持つ15組のカップルが大集合! 今回は、付き合った当初は男女のカップル、結婚後に徐々に彼が彼女に変化した2人の結婚生活を紹介。

男の部分では女が好きだし、女の部分では男が好きです。

PROFILE

右:小西真冬(32)漫画家アシスタント
セクシュアリティ:トランスジェンダー

「必ずしも」はない。
さまざまな形がある

自分のセクシュアリティについて、どのように考えていますか?
生まれた時の性は男性。しかし男性ホルモンが正常に作用せず、小学校時代は女みたいだといじめられました。男らしくなったらいじめられなくなると思い、やんちゃなことをしたり…。半分は男、半分は女として成長してきたので、男の部分では女が好きだし、女の部分では男が好きです。男と女、二つの性しか存在しないという概念に縛られることがないのが、トランスジェンダーの在り方の一つだと思います。
男性的な部分、女性的な部分とは?
今は7:3くらいの割合で女性の部分が強いですね。男性特有の闘争本能もなくなりました。男性的な部分は、格闘技が好きなところ(笑)。『グラップラー刃牙』は最高!
女性的な部分は、毎日きれいと言われたいと思うこと。街の人が振り返るような女性になりたいです。男性からモテてみたいとも思います。街の中に埋もれない、ワンランク上の女性を目指していきたいです。
戸籍の性別変更についての考えは?
独身だったら戸籍も女性に変更しているかな。性別適合手術を受けても、夫婦関係を保つことを理由に戸籍だけは男性のままにしてあります。出会った頃と変わらず、私は男性として妻を愛しているからです。

PROFILE

左:小虹正美(49)アルバイト
セクシュアリティ:ストレート

出会った時からの変化は
前髪が伸びたくらい

付き合うことに対して、周りの反応は?
お互いの家族は大反対。17歳も年の差があり、出会った頃の彼は18歳でとても若かったので。年の差はあったけれど趣味も話も合い、一緒にいてとても楽しかった。でも今年の夏、彼のお母様が大阪に呼んで下さり、至れり尽くせりのおもてなしをしていただきました。とても嬉しかったです。
マイノリティの人と付き合うことについて、何か抵抗はあった?
出会った頃の外見は男性でしたし、抵抗は全くなかったです。ホルモン投与に関しては何となく知っていましたが、ヒゲが薄くなるしいいんじゃない?位にしか考えていませんでした。去年、性別適合手術の同意を求められ、そんなに思い詰めていたんだと気付きました。生活に支障がでないならと、もちろん反対はしませんでした。それから彼は「きれいなお姉さん」と言われることも増えましたが、私は出会った頃と全然変わらないように思いますよ。
相手にときめく瞬間は?
ときめくとよりパートナーですね。一緒になってもう12年になるので。夫と妻という認識よりも、一人の人間として見ています。性別適合手術を終えて、無事にタイから帰国した時は幸せだった。今は彼が拾ってきた愛猫に夢中なんですけどね(笑)。

REPORTER'S COMMENT

明るくてユニークな真冬さんと、包み込むやさしさの溢れる正美さん。
2人のスタイルは誰にも似ていない、とても素敵なご夫婦でした。

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ4月号発売中!

東京グラフィティ4月号発売中!

【特集】古い家LOVE!


表紙をクリックすると
フリーで記事が読めます!!⇒

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック