タイムスリップ写真館

昔の写真を同じメンバー、同じ構図で再撮影

 双子同士で結婚したおじいちゃん、おばあちゃんの59年後

2018.06.02 東京グラフィティ6月号(#150)ほっこりインタビューカップル

小峰  克彦

小峰 克彦(Editor)

長年連れ添う夫婦のあの頃の写真を再現!
お互いの「いちばんの愛を感じた話」を聞きました。

1959

PROFILE

:松下右近(31)会社員 和歌山県和歌山市在住 

当時の夢:「平穏無事に暮らすこと」 
 

右から2番目:松下眞子(19)主婦 和歌山県和歌山市在住 

当時の夢:「賑やかな家庭を築くこと」 

 

左から2番目:松下左近(31)会社員 和歌山県和歌山市在住 

当時の夢:「自分の自動車を持つ」 

 

:松下康子(19)主婦 和歌山県和歌山市在住 

当時の夢:「ずっと4人で暮らすこと」 

RIGHT 
入院した僕を献身的に支えてくれた
 
「10年前に直腸の手術をして、東京の病院に1 週間入院したんだ。寝たきりで、自分で起き上がれないほどだった。そしたら、彼女が心 配して千葉からお見舞いに来てくれたんだ。 僕の代わりに買い物をしてくれたり、献身的に支えてくれた。そのおかげで入院生活を乗り切ることができたよ」 

 

2nd RIGHT 
今でも大切につけている真珠のネックレス

「彼が定年退職した30年前、長く勤続したこともあって、会社から記念品を貰えることになったの。リストの中から選べたんだけど、彼が選んでくれたのは私への真珠のネックレスだった。 突然渡されたからびっくりしたけど、すごく愛を感じたな。何よりも、家族のために長く勤めてくれたことへの感謝が一番大きかったわ」

2018

PROFILE

:松下右近(89) 千葉県香取市在住 
将来の夢:「ボランティアを2000回すること」 

 

右から2番目:松下眞子(78)主婦 千葉県香取市在住 
将来の夢:「4人で100歳まで生きること」 

 

左から2番目:松下左近(89) 千葉県香取市在住 
将来の夢:「金さん銀さんのように生きること」 

 

:松下康子(78)主婦 千葉県香取市在住 
将来の夢:「元気に過ごすこと」

LEFT 
手づくりのキャンピングカーであちこちを旅したの 

「車を使って4人で旅行をしたいねって話をしていたら、定年を迎えた30年前にキャンピングカーを作ってくれたの。トラックの荷台にシェルを乗せる形式だったんだけど、シェルの中にキッチンやシャワールーム、寝室を二部屋用意してくれて。それで信州や四国のほうに行ったわ。4人の思い出が増えて嬉しかった」

 

2nd LEFT 
彼女が産んでくれた子は 宝物みたいだった
 
「昭和36年9月26日に、僕たちにとって初めて の子どもを産んでくれたことかな。その頃は 生まれるまで性別がわからないからドキドキし ていたんだけど、かわいくて元気な男の子で ね。彼女が一生懸命産んでくれた子だから、 宝物のように感じたよ。あまりにも丁寧に抱き かかえたらみんなに笑われちゃったけどね」 

東京グラフィティ6月号発売中!

150号を記念して150組300人のカップルさんに取材しました。

元男性×元女性カップルや40歳差カップル、アフリカのストリートで出会った国際カップルなど、様々な愛の形を取り上げています!

大人気企画「タイムスリップ写真館」老夫婦編も掲載!

大泉洋さんと真木よう子さんの表紙が目印です!

WEBからも購入できます⬇️

https://www.fujisan.co.jp/product/1281683982/

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ6月号発売中!

東京グラフィティ6月号発売中!

【特集】創刊150号記念 LOVE STORIES 150


表紙をクリックすると
フリーで記事が読めます!!⇒

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック