ヴィレヴァン店員推薦! 本・映画・音楽 BEST3!

僕の心をヒリヒリさせてくれる映画ベスト3

2016.02.04 個性的レビュー生き様

東京グラフィティ編集部

東京グラフィティ編集部(Editor)

BEST : 1
僕の心をヒリヒリさせてくれる映画ベスト3
僕の心をヒリヒリさせてくれる映画ベスト3

『エレクトリックドラゴン80000V』

2001年日本/監督:石井聰亙 

出演者:浅野忠信ほか

『狂い咲きサンダーロード』の石井聰亙監督! 浅野忠信、永瀬正敏出演のロックンロールムービー!! そして主人公たちの名前…竜眼寺盛尊(りゅうがんじもりそん)VS雷電仏像(らいでんぶつぞう)!! もうこれ以上何か解説が必要なんでしょうか…僕は映画を観るつもりじゃなかったのに通りがかりのポスターを見ただけで映画館に吸い込まれ、脳がビリッビリのバースト状態で出てきました。孤独、苦痛、焦燥、怒り、衝動、絶望、解放…ロックンロールが持つすべてがこの映画の中で大爆発しております!!

BEST : 2
僕の心をヒリヒリさせてくれる映画ベスト3
僕の心をヒリヒリさせてくれる映画ベスト3

『ありふれた事件』

1992年ベルギー/監督:アンドレ・ボンゼル、レミー・ベルヴォー、ブノワ・ポールヴールド 出演者:アンドレ・ボンゼルほか

僕の中のバイオレンス映画最高傑作はこの『ありふれた事件』です。ある一人の男が無慈悲に、無差別に次々と人を殺し、犯していく映画です。全編モノクロでBGMも一切なく、ドキュメンタリー調に撮られているせいか、殺人シーンがリアル過ぎてノンフィクションなんじゃないかという錯覚に陥ります。衝動を抑えず、己の為だけに行動し、絶対的なカリスマ性を持つ主人公のベンに僕はずっと憧れています。哲学を語ったりピアノを弾けちゃうとこがまた魅力的です。ただこの映画、DVD化されていません。何故でしょう…。 

BEST : 3
僕の心をヒリヒリさせてくれる映画ベスト3
僕の心をヒリヒリさせてくれる映画ベスト3

『自転車吐息』

1990年日本/監督:園子温 

出演者:園子温ほか

劇中でホームベースから一塁まで引かれた白線は二塁には向かわず、一塁を通り超えてそのまままっすぐどこまでもどこまでも続いていく。やりたいことをやればいい。ただそれだけなのに、現実という大きな壁が立ちはだかる。悶々とした毎日を僕は今も過ごしています。でもこの映画を観るとその壁を破壊し、その先の不完全で不条理な世界に、「俺」という一文字を書いた大きな旗をかかげて飛び込んでみたくなる。衝動を持ち続けているなら、ここに留まっている場合じゃないんだと。そういう気持ちにさせてくれる映画です。

PROFILE

佐藤武(38)

イオンモール草津店店長 /滋賀県在住 

つい最近、タバコに火をつけようとしたはずなのにくわえたタバコに近づいてきたのはビールジョッキでした。脳の伝達がおかしくなってきてる38歳の冬…よし! 飲んでこのことも忘れちまおう!

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ12月号発売中!

東京グラフィティ12月号発売中!

日韓LOVE&PEACE
#159/2019.11.22発売

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック