特集:人生最高の映画

映画好き100人が選ぶ、これまで出会った中で最高の映画

 渡辺大知が選ぶ人生最高の映画

2018.08.06 東京グラフィティ8月号(#151)特集

神田真凜

神田真凜(Editor)

 好きで好きでたまらない、人生を揺さぶるほど自分にとって特別な作品。
映画好き100人に、これまで出会った中で最高の映画を聞きました。 

今回は、黒猫チェルシーのボーカル渡辺大知が選ぶ人生最高の映画をご紹介。

初めて観たとき、親近感と憧れを感じた

『ミーン・ストリート 』
PROFILE

渡辺大知(27)ミュージシャン
黒猫チェルシーのボーカル。俳優として映画『勝手にふるえてろ』等で好演。7月26日(木)開始の深夜ドラマ『恋のツキ』(テレビ東京)出演も決定。

生きるって大したことできなくてもいいんだ、と救われたような感覚

今まで40回以上観たかな。劇中での音楽の使われ方が、僕にとってセンセーショナルで革命的でした。僕も好きだったThe Rolling Stonesの曲がかっこいい使われ方をしていて。冒頭にデニーロが女の子を連れて歩くたった5秒ほどのわずかなシーンが、映像と音楽によってすごく豊かに見えたんです。
この作品は、60年代後半~70年代のアンチヒーロー的な作品の一つ。それまでは煌びやかでハッピーエンドな映画が主流だった時代ですね。この映画にはだめな奴ばっかり出てくるんですよ。ストーリー自体は実は大したことなかったりする。でも、qこの映画の役割や存在はストーリーを超えていると思いました。自分にはなんの取り柄もないって思ってる人に夢を与えてくれる作品です。僕もそのうちの一人でした。この映画は「俺のことわかってくれてる」と思いましたね。華やかに生きるだけが人生じゃないと言ってくれたような気がする。
だめな奴らにやさしいスポットを当てる。この作品の、そんな圧倒的技術に憧れて「俺も映画をやりたい」と思いました。

 東京グラフィティ8月号発売中!
 表紙は柳楽優弥さん&三浦春馬さん!!


満島真之介
真野恵里菜
シシド・カフカ
村本大輔
家入レオ
三木聡
IMALU
犬山紙子
モトーラ世理奈
呂布カルマ
(敬称略)

…ミニシアタースタッフ、芸大生、ブロガー、外国人、おじいちゃんおばあちゃん、映画好き100人に聞きました!

ふんどしメン、アーメン、小学メン、添いメン、ドルフィンメン…大人気企画の「新種イケメン図鑑」にもご注目!

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ8月号発売中!

東京グラフィティ8月号発売中!

東京グラフィティ8月号発売中!

【特集】人生最高の映画-映画好き100人が選ぶ、これまで出会った中で最高の映画-


表紙をクリックすると…
 


 

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック