特集:人生最高の映画

映画好き100人が選ぶ、これまで出会った中で最高の映画

 枝優花が選ぶ人生最高の映画

2018.08.08 東京グラフィティ8月号(#151)レビューインタビュー

こみね

こみね(Editor)

映画好き100人に、これまで出会った中で最高の映画を聞きました。 

今回は、映画監督・枝優花さんが選ぶ人生最高の映画をご紹介!

彼女が選んだのは、『A.I』です

必ずしも全員が幸せになるわけではない

PROFILE

枝優花(24)映画監督、写真家 

初の長編監督作となる『少女邂逅』が全国で公開中。 香港国際映画祭や上海国際映画祭から正式招待を受ける。

「大人になることで失いかける
だから大切にしたいまっすぐな気持ち
初めて観たとき親近感と憧れを感じた

 

6歳の頃に映画館で観て、カルチャーショックを受けた作品です。周りがどんなに不幸になっても自分が良ければそれでいい。というのが映画内で成立していて、必ずしも全員が幸せになるわけではない結末が、当 時の私には衝撃的でした。自分が幸福なときは誰かが不幸になっていて、また逆も然りで成り立っている、世の中の仕組みのようなものを幼いながらに感じました。 ラストに男の子が愛する母親を思いながら海の深くへ沈んでいくシーンは、ハッピーエンド ともバッドエンドとも受け取れるんです。当時、映画館からの帰りの車の中で作品のメッセージを悶々と考え、その作業は家に帰ってからも続きました。観る人によっていかようにも解釈できるストーリーは昔から好きで、現在の私自身の制作活動の根底にもなっています。自分の人生を介在して、受け手によって感想が枝分かれするっておもしろいと思うんです。年齢を重ねるごとにどんどん見方 が広がり、初見で衝撃を受けたときよりも、大人になってからのほうが楽しめる作品です。

東京グラフィティ8月号発売中!

表紙は柳楽優弥さん&三浦春馬さん!!

満島真之介
真野恵里菜
シシド・カフカ
村本大輔
家入レオ
三木聡
IMALU
犬山紙子
モトーラ世理奈
呂布カルマ
(敬称略)

…ミニシアタースタッフ、芸大生、ブロガー、外国人、おじいちゃんおばあちゃん、映画好き100人に聞きました!

ふんどしメン、アーメン、小学メン、添いメン、ドルフィンメン…大人気企画の「新種イケメン図鑑」にもご注目!

購入はこちらから^^
 

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ10月号発売中!

東京グラフィティ10月号発売中!

部屋と持ちモノ大図鑑

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック