ネオ東京人

ちょっと新しくて、ちょっと変わった街の人のインタビュー。

 【ネオ東京人】新時代の煩悩住職・稲田ズイキ

2018.08.30 東京グラフィティ8月号(#151)

こみね

こみね(Editor)

ちょっと新しくてちょっと変わった街の人、ネオ東京人を紹介します。
今回は新世代の煩悩僧侶、稲田ズイキさんです!

PROFILE

稲田ズイキ(26)僧侶 京都府出身 
座右の銘:「おしっこを漏らす感覚」で戦う 
好きな食べ物:濃厚チョコブラウニー 
嫌いな食べ物:イカとタコ
特技:念仏 

校生の頃は映画やアニメが大好きで脚本家を目指していました。人からおもしろがられることが大好きなんです。今は京都のお寺で副住職を務めつつ、ライターやイベンターとして活動しています。ラップミュージカル映画『DOPE寺』を撮影し、ロケ地でもある実家のお寺で上映会を開催したときには、100人以上のお客さんが集まってくれました。次はアイドルをお寺に呼びたいと父(住職)に話したら「騒がしくなるからダメだ」と言われたので、全く騒がず、 コールもしない地蔵ファンを呼んだライブを計画中です。

僧侶らしくないと思われるかもしれないけれど、これからはお寺と檀家という枠を超えて、僧侶個人にファンがつく時代だと思っています。 

将来、AIの仕事が増えるほど、時間に余裕のできた人間は「自分の存在意義は?」と悩む時代が来るはず。

僕はそんなときこそ常識を疑う仏教の教えが必要になると思っています。だからこそ目指しているのは、 新時代の定住しないアフロ住職。今ある僧侶 の当然を疑いつつ、仏教の新しい可能性を全国各地で探っていくつもりです。 

東京グラフィティ8月号発売中!

表紙は柳楽優弥さん&三浦春馬さん!!

満島真之介
真野恵里菜
シシド・カフカ
村本大輔
家入レオ
三木聡
IMALU
犬山紙子
モトーラ世理奈
呂布カルマ
(敬称略)

…ミニシアタースタッフ、芸大生、ブロガー、外国人、おじいちゃんおばあちゃん、映画好き100人に聞きました!

ふんどしメン、アーメン、小学メン、添いメン、ドルフィンメン…大人気企画の「新種イケメン図鑑」にもご注目!

購入はこちらから^^

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ10月号発売中!

東京グラフィティ10月号発売中!

部屋と持ちモノ大図鑑

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック