特集:ホストの格言

高みを目指し続ける夜の男たちの熱い生き様を見よ!

〝歌舞伎町イチキュートなホスト〟優生の格言

2018.11.28 東京グラフィティ12月号(#153)

こみね

こみね(Editor)

歌舞伎町に生きるホストが言った。
「ホストは究極の仕事」

東京グラフィティ12月号、勝負の特集「ホストの格言」でインタビューした人気ホストから一部をご紹介します。

 

夢を叶え、時にもがき、それでも高みを目指し続ける男たちの熱い生き様を見よ!​

歌舞伎町イチキュートなホスト・優生

PROFILE

club ALLWHITE 取締役/ホスト歴:4 年/京都府出身/前職:アート引越センター /特技:2 分で女の子のハートを奪う/休日の過ごし方:ネコと遊ぶ

優生の哲学 

ホストを始める前は仕事が一切続かなかったんです。長くて半年くらい。
そんな自分を変えたくて東京に出てきました。100回辞めたいと思ったけど、何も考えずに突っ走りました。
ホストは富士山を登るのに似てますね。苦しかった分、頂上から見える景色は登りきった奴しかわかりません。

Qホストになって一番変わったことは
ホストに対するイメージです。中学の頃から「どんなにお金が稼げてもホストだけは嫌だ」と思っていました(笑)。ホストになる前は、仕事では楽して稼ぎたいと思っていたんです。 

 

Qその童顔についてどう思いますか
最近はかわいいと言われるのも嬉しいけれど、前は大人っぽく見られたかったですね。高校時代は身長が148cmしかなくて、「かわいいけど彼氏じゃない」と振られて全然モテなかったんです(笑)。 

 

Qホストとして譲れないことは
自分自身が楽しむこと。自分が心の底から楽しめれば、お客様にも笑顔で帰ってもらえるんです。あとはどんな話題にも対応できるように、気になることはすぐにネットや本で調べてメモします。 

 

Qホストとしての営業スタイルは
テンションと話題を相手によって変えます。20代の子とはジャニーズの話で騒いだり、30 代の女性には落ち着いたトーンで銀座のご飯の話をしたり。共通で決めてるのは、どのお客様にも必ず笑顔で接することです。 

 

 東京グラフィティ12月号発売中!
夜の街を代表する人気ホスト24人の格言を掲載!

ホストが同じ構図で少年時代の写真を再撮影する「タイムスリップ写真館 ホスト編」も大特集。

新企画はカルチャー好きから本、映画、漫画、心に残る作品の名セリフを語ってもらう「心に響くセリフ集」。

長年連れ添った老夫婦が書く「君に遺す五箇条」です。

ROLAND 
越前リョーマ 
渋谷奈槻 
社美緒 
獅龍仁 
優生 
蓮士 
心之♂友也 
優希刃 
桐也かずや 
葵未来 
姫野愛逶 
一陸斗
早乙女サラン 
草摩由希 
じぇい 
BaRoN 
桜木ハル
はっしー( ́・ω・`) 
将暉 
海月あめさま。 
鶴谷文隆 
手塚マキ 

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ12月号発売中!

東京グラフィティ12月号発売中!

ホストの格言

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック