特集:余命宣告後の生き方

【余命宣告後の生き方】「どんな人でも信じてみないと何も始まらないんです」by小澤輝真

2019.01.25 東京グラフィティ2月号(#154)特集インタビュー生き様

田中蘭次

田中蘭次(Editor)

余命宣告を受けて、人生について考えること。私の生き方。
最新号の特集「MESSAGE 余命宣告後の生き方」から抜粋してご紹介!

北海道札幌市にある北洋建設。社長は余命3年の難病と向き合う43歳の小澤さん。500人以上の刑務所を出所した元受刑者の雇用を続け、その多くを社会復帰へと導いてきた。

PROFILE

小澤輝真(44)北洋建設株式会社 社長

出身地:北海道/趣味:70以上の資格集め/余命宣告を受けた日:社長に就任する少し前の2014年、体調に異変を覚え神経内科を受診すると不治の病とされる脊髄小脳変性症と診断された。

Q.余命宣告を受けて最初に考えたことは?

Q.人生で一番努力したことは?

Q.自分の一番好きなところは?

Q.元受刑者雇用を続ける原動力は?

Q.人生で一番泣いたことは?

Q.今の活動をやっていて良かったと思う瞬間は?

Q.人生で一番大切なものはなんだと思いますか?

MAGAZINE最新号のお知らせ

女子が好きなヒロイン100人

女子が好きなヒロイン100人

100人の女性が選ぶ、
本・映画の最強ヒロイン!
#156/2019.5.23発売

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック