彼と彼女の初H日記

SNSで出会った2人のドキドキ初H日記

2016.02.28 カップル

東京グラフィティ編集部

東京グラフィティ編集部(Editor)

カレシ、そーくん(21歳・警備員)
カノジョ、みくさん(22歳・フリーター)
交際歴7ヵ月のふたりが初めてエッチしたのは、2013年5月30日のことでした。

何人も遊んできたけど、好きな人とするのは初めて。

 彼との出会いはSNSでした。実家にいづらくて、「家出したい」と、つぶやいたら「うちに来ますか?」と返事が。初めはテキトーにメールのやりとりをしていた私。しかし、彼はヒクくらいに私のことを気にかけてくれ、どうして会ったこともない人にそこまで優しくできるんだろう?とすごく思いました。当時、私は悲しさ、寂しさなど、マイナスの気持ちをごまかすためにSNSで出会った男の人とたくさん遊んでいました。彼と実際に会った日も、他の男と遊んでいました。わざわざ湘南台まで帰らないつもりで行きました。でも、ふと帰りたくなって、彼を使うことにしました。すると、すぐに来てくれました。しかも3時間くらいで。
 夜中の1時過ぎ、初めて彼に会いました。彼は私に会えたことをすごく喜んでくれて、笑った顔に、すごくきゅんとしました。そして車を運転する横顔にドキドキしました。まさに一目惚れでした。足にしようと考えていた私はひどい女だ、と反省しました…。朝5時、私の家に到着。車内で彼と初めてのキス。泣きそうなほどドキドキしたのを覚えています。こんなにドキドキしたのは初めてでした。
 その日の午後、また会いたくなって夕方に映画デート。食事をしてそのまま彼の家へ。着いて早々「一緒に寝よう」と彼から誘いが。一緒に寝るってことはやっぱり…と、とてもドキドキしました。電気を消し、一緒にベッドへ。しばらく抱きあってから、彼が「する?」と言いました。それが彼との初H。何人もの男と遊んできたけど、好きな人とHするのは初めてでした。今まで遊んできた男性たちは、自分たちが気持ち良ければ…って感じで愛も感じないしとても虚しくなるようなHばかりでした。でも、彼との初Hは、愛に溢れているような気がして、とても優しいHでした。好きな人と繋がるのはこんなにも幸せなのかと思い、彼も興奮してるのがわかって、こっちまで興奮しちゃって壊れそうでした。とっても切なくて幸せな気持ちになりました。初Hのあとはよく覚えてません(笑)。でも、とても胸が締め付けられるような気持ちでした。
 彼は一生懸命だけどちょっとだらしなくてよく一方的に怒ってしまうけど、何でも受け入れてくれる優しい人です。彼は、夏に留学してしまうのですが、それまでの時間を大切にして、しっかり支えて、笑顔で「いってらっしゃい」と、また笑顔で「おかえり」と言いたいです。

頭の中は真っ白で何もかも不器用でした(笑)。

 出会いはSNSでした。彼女から「今、湘南台駅にいるんだけど、終電もなくなって帰れないから迎えに来てくれない?」という内容の電話が夜中に急にかかってきました。何も考えずにただ、これからすぐに行くけど、車で行くと最低でも2時間はかかると伝えると、「待ってる」と言われて電話を切られたあと、10分後には車に乗ってました(笑)。途中の車の中で、まだ写メでしか見たことのない彼女の顔を想像したり、どこに送ったらいいんだろうとか、いろいろと考えてるうちに湘南台に着いてました。駅から電話するとすぐ近くにいるようだったので彼女はすぐに来てくれました。緊張で心臓がバクバクで、待ってた時間は短かったはずなのに1時間ほどにも感じました(笑)。ようやく彼女が駅に着いて呼びかけられて顔を見た時、スタイルが良くて、色白で何よりめっちゃかわいい! 惚れてる人にさらに一目惚れしてしまいました。
 初めての日は5月30日。仕事も休みだったので彼女を実家に迎えに行き、レイクタウンに行った。着いたのは夕暮れ時で、イタリアンレストランでご飯を食べ、『聖☆お兄さん』を観ました。レイクタウンのあとはどこに泊まるか聞いてなかったので、うちに来てほしいなと考えながら飼ってた猫を話題にして、うちに来ませんか?と誘いました。狭くて汚い部屋なので悪いなって思いながら、二人で部屋にいるというドキドキと緊張がハンパなかった…。彼女が飼ってる猫と戯れてる間、僕はしばらく漫画を読んでました。しかし、しびれを切らした僕から思い切ってHに誘いました。ここから先は本当にうろ覚えですが、電気を消してベッドに入り、僕が不慣れな手つきで服を脱がせ、口から全身にキスしてそこから始めました。経験がほぼなかったので頭の中は真っ白で何もかも不器用でした(笑)。詳しいことはあまり覚えていないのですが、下手な自分に幻滅せずに楽しんでもらえたみたいでとても嬉しかったし、彼女はすごく優しいんだなと思いました。 終わったあとはドキドキしながらも、彼女の緊張した表情がかわいかったことを覚えてます。
 これから先はお互いしっかりとした目標もありませんが、夏に自分は海外に留学します。帰国後は語学を活かせる場所に就職し、バリバリ働きながら二人で暮らしたいなと思います。そして、たまの休みには二人で旅行にでも行けるといいなと考えています。

MAGAZINE最新号のお知らせ

沙織との日々

沙織との日々

等身大ドールの恋人と過ごす
おじさんの日々の記録

155号/2019.3.23発売

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック