ヴィレヴァン店員推薦! 本・映画・音楽 BEST3!

斜め上をいく本のご紹介! あえて文字で感じるロックンロール!ロック本ベスト3

2016.03.24 特集PICKUP暮らし個性的

東京グラフィティ編集部

東京グラフィティ編集部(Editor)

BEST : 1
あえて文字で感じるロックンロール!ロック本ベスト3
あえて文字で感じるロックンロール!ロック本ベスト3

『ザ・ストーン・ローゼズ・ストーリー 誕生と、解散と、復活と。』
ジョン・ロブ 著
朝日新聞出版

オリジナルメンバーでの再結成ライブを君は観たか? 俺は、観ていない…が、この1冊で十分な気もしてくるほどの内容。イギリス音楽が好きで中でもパンク、NEW WAVEが好きなら必読。70年代後半からのパンクの嵐の中。同じバンドやそれに魅了されたメンバーたちが出会い、ローゼズを始動させるまでがとにかくおもしろい! 彼らも自分たちと同じパンク・ファンからのスタートだったことがわかっただけでも僕にとっては最高な1冊。でもノエル3回読んだって言ってるけどホントかな〜?

BEST : 2
あえて文字で感じるロックンロール!ロック本ベスト3
あえて文字で感じるロックンロール!ロック本ベスト3

『BLUE BEAT BOP! REISSUED EDITION』
山名昇 著
DU BOOKS

僕はディスクガイド本に目がない。どんなジャンルでも、見たことのない、聴いたことのないジャケットを眺めているだけで幸せだ。そんなガイド本の最高峰がコレ! 実は二回目の復刻。新しく差し替えられた文章や写真ももちろんありますが、その大半はなんと2001年に発行された時のまま! しかも検索しても簡単には出てこない情報も少なくはない。それが今から十数年も前に執筆されていたことに驚きと感動を隠せません。なにもR&RだけがRockではないんだよ! さあRockしようぜ!

BEST : 3
あえて文字で感じるロックンロール!ロック本ベスト3
あえて文字で感じるロックンロール!ロック本ベスト3

『ボブ・ディラン〜ロックの精霊〜』
湯浅学 著
岩波書店

大晦日に飛び込んできた大滝詠一氏の訃報。師は「音楽(歴史)は前に前にだけ進むのではなく、過去へも又他の国などへも連なっている」と常々発言されておりました。この本を読んでディランも又、師と同じようにフォークソング、R&R、ジャズ、カントリー、ゴスペルから、扱われているテーマは不変だ。すでに新しいものは出尽くしていると感じ取ったことが才能の爆発へと繋がっていることを知りました。彼は今でも僕らに問うでもなく投げかけてきます、「どんな気分だい?」と。 

PROFILE

池田博幸
津田沼パルコ店店長/千葉県在住 

趣味は二日酔い。
○○は風邪をひかないと聞いていたが風邪っぽい。
よかった○○じゃないらしい。 

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ10月号発売中!

東京グラフィティ10月号発売中!

INSIDE BAG
あの人のバッグの中身!
#158/2019.09.21発売

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック