ヴィレヴァン店員推薦! 本・映画・音楽 BEST3!

斜め上をいく本紹介! 運命的な出会いだった本ベスト3

2016.03.31 特集PICKUP個性的レビュー

東京グラフィティ編集部

東京グラフィティ編集部(Editor)

BEST : 1
運命的な出会いだった本ベスト3
運命的な出会いだった本ベスト3

『マリス・ミゼルの“ああ、無情”—天地鳴動編』
広瀬充 著
ソニーマガジンズ

この方たちなしでは永田のバンギャル人生は語れない! 私をここまで育ててくれたと言っても過言ではないバンドさんの本。小学生で初めてTVで観た時の衝撃は稲妻以上で、このバンドさんがいなければたくさんの友だちに恵まれなかったし、音楽のすばらしさも理解してないと思う。今も生きていられるのはマリス・ミゼルがいたからなのです。今は活休中ですが個別でバンド組んでる赤い方のギターさん観に月に何度も遠征しているわけで…。ぶっとんだ感性のサウンドには毎回痺れさせていただいてます。

BEST : 2
運命的な出会いだった本ベスト3
運命的な出会いだった本ベスト3

『うろんな客』
エドワード・ゴーリー 著
河出書房新社

某密室系のBa.さんきっかけにめぐり逢った本でとにかくかわい過ぎる! 皿食べたり、癇癪起こして家中のタオル隠したり、廊下の壁に鼻先付けたまま動かなかったり、なんかわかんないけどその憎みきれないキャラがかわいい。残酷な物語を書く大人の絵本作家にしては珍しく、ちょっとほっこりするシュールな絵本。韻を踏んだ独特の言い回しも魅力的で、イラストは相変わらずの不気味な雰囲気がまたたまらない。こういう本が置いてあるとヴィレッジ!!って感じがするのは私だけじゃないはず。

BEST : 3
運命的な出会いだった本ベスト3
運命的な出会いだった本ベスト3

『弱法師』
中山可穂  著
文藝春秋

とあるバンドきっかけで知り合った画家の恋人にこの方を教えてもらい、作品を読み漁るほどハマった。その恋人にはすぐ捨てられたけど…。特にこの本は「恋とは死に至る病である」という衝撃のフレーズの帯が印象的で何度も何度も読み返した。中山さんの本の多くは女性同士の恋愛なのだけれども、この本は比較的ノーマル。言葉の一つ一つが胸を締め付けられるほど切なくて、痛くて優しくてドキドキして新鮮だ。もう妄想しかできなくなったけど、活字って想像力豊かになるし遠征のお供に最適。

PROFILE

永田千賀
イオンモール熊本店店員/熊本県在住

おみくじに【悪い人に妨げられて思わぬ過ちをすることあり 交際その他に気をつけろ】とありました。【縁談】言いくるめられるので用心。【恋愛】見極めよ。もう今年どうしたらいいのかわからない…

MAGAZINE最新号のお知らせ

女子が好きなヒロイン100人

女子が好きなヒロイン100人

100人の女性が選ぶ、
本・映画の最強ヒロイン!
#156/2019.5.23発売

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック