彼と彼女の初H日記

お花を摘みにいけなかった…ふたりの初H日記

2016.06.26 PICKUPカップル

東京グラフィティ編集部

東京グラフィティ編集部(Editor)

カレシ、みとちんき(23歳・会社員)
カノジョ、なみちゃん(20歳・学生)
交際歴8ヵ月のふたりが初めてエッチしたのは、2013年12月25日のことでした。

3歳の差はいろんな意味で大きかった!

 出会ったのはバイト先のラーメン屋。彼が新しく入ってきて、最初の印象は無愛想な人だなーと思ってました。その一週間後くらいに忘年会があって、バイトのグループLINEから見つけたのか、2日前くらいに「忘年会の場所ってどこですか?」とLINEがきました。その時は要件だけ連絡して終わり。忘年会では特に話すこともなく、忘年会のあとに「お疲れ様です」みたいなLINEがきたり、「今度ご飯行きませんか」とかちょこちょこ連絡が来て、何考えてんだろこの人って思ってました。何回かご飯に誘われて、でも乗り気じゃなくて適当に言い訳つけて断って(笑)。そしたら私のバイトのあとに半ば強引に会うことになり、二人で会ってみると、おしゃれで意外とおもしろくて楽しかった! そこで、彼の印象がかなり変わりました。それから結構会うようになったり、連絡が増えて…。でもバイトでは相変わらず無愛想。もー謎。謎。謎。そしたら、また二人で会った時に彼からいきなり「もう気づいてると思うけど、好きなんだけど!」と言われて、「え!! いやわかんないし(笑)! 」ってすごいビックリして。何日か考えて、会った時によろしくお願いしますって返事をして、付き合いました!
 クリスマスにデートして、お酒も少し飲んで、夜は私の家に来てぐだぐだしていました。最初は、特にHのこととかも考えず、疲れたし、一緒にゆっくりしよっか~みたいな雰囲気。DVDを観るうちにふたりとも眠くなってきて…。電気を消して寝ようとして、くっついて落ち着いた雰囲気でした。そしたら彼は色っぽく、男らしくなって…。彼からぎゅーってされて、キスされました。ぎゅってされたときは、幸せだし、落ち着くし、安心するなーって幸せな気分に浸っていました(笑)。Hのときの彼は、いつものおちゃらけた感じとは全然違って、かっこよくて、さすが3歳年上なだけあってなんか大人っぽくて。 しばらくして「ん...(笑)?」ってなって、「お酒飲むと、俺ダメなんだよーー!」って言うから思わず二人で笑っちゃった。まあこんなときもありか!ちゃんちゃんって感じで(笑)。彼とならなんでも笑ってこうやっていきたいな~って思いました! 彼はものすごく悔しそうだったけど(笑)。3歳の差はそういうところでも大きかったー! 最初はそんな感じで、ある意味思い出!!
 今ではもう8ヵ月。 彼といるとたくさん笑えて、楽しくて仕方ないです。こ
れからも永く永く一緒にいて、ふざけていたいです!

 

本当に彼女を愛しているんだなぁと思った。

 私が彼女と出会ったのは、就職活動の時期だけ働いていたラーメン屋。初めて彼女とシフトがかぶった時、彼女から挨拶してきました。今思うと初めて見た時から気になってたのかな? バイトの飲み会がきっかけでLINEをするように。私のLINEにノリノリで返してきた彼女。確実に私の最終電車に乗り込みましたね。【終点みとちんき行き】に!
 それから、とうとう初の二人飲み! 彼女のバイト終わりに飲みに行き、お酒の酔いもいい感じで回り、彼女を家まで送ってあげました。正直、下心はめちゃくちゃあった。家の前につき、バイバイをしようとしたのですが始発がまだない。そしたら彼女が「始発まで私の家で待つ?」と。なんて美しい言葉でしょう。私の答えは、「御意」。彼女の家で飲みなおした。そして始発の時間、とうとう現実の世界に戻るときがやってきた。ここで年上の余裕を見せてやろうと思い、その日は彼女に手を出さずに帰りました。いや、正直緊張して何もできませんでした(笑)。それからというもの、彼女とは毎日LINEや電話をしました。この頃から、彼女に毎日会いたいと思うようになった。もう年上の余裕とかいってる場合じゃない! 早く会って告白したい! 12月20日、告白をして無事に付き合いました。
 それから一週間もたたない12月25日。デートをして彼女の家に。お酒を飲んでいつも通りにしようと思ったけど、もう私たちはカップルだ! Hがしたい! そう思って彼女にチューを、首筋から全体へ。そして、とうとう彼女のお花畑に!! 「お花を摘みに行くぞー!」と自分の息子に投げかけたのですが、息子はシカト。そうです。私はお酒がめちゃくちゃ入ると、オッキしないのだ。しかしこれで終われないと思って腹筋に力を入れ、一瞬のオッキを見逃さず挿入! その時の彼女の色っぽい顔、声、すべすべな肌を今でも忘れない。本当に彼女を愛してるんだなぁ、この女をずっと幸せにしたい。隣でずっと笑っててほしい。そんなことを思っていたら途中で私の息子はお辞儀をしたまま顔を上げることはなかった(笑)。彼女には、「こんな大事な時にオッキしないなんて」って思われた気がする。でも、これが私と彼女の初エッチ。
 あの日からもう8ヵ月気持ちはずっと変わらないよ! 彼女が私と出会ってから毎日幸せって思わせたいし、楽しませたい。毎日ヘラヘラしてふざけてるのに飽きずに隣にいてくれてありがとね。

MAGAZINE最新号のお知らせ

沙織との日々

沙織との日々

等身大ドールの恋人と過ごす
おじさんの日々の記録

155号/2019.3.23発売

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック