沙織との日々

手術で行けなかったお花見のかわりに

2016.07.28 PICKUP

深川紅緒

深川紅緒(Editor)

等身大ラブドール・沙織が過ごした日々の日記

5月4日(水) 晴れ


「毎年桜の季節には必ずお花見に行っていたのに、今年は初めて行けなかったね。ごめんね」

「千滋さんは心臓のカテーテル手術をしていたんだから、仕方ないじゃない。かわりに今日新緑のピクニックに連れてきてくれたからいいわよ」

「さおちゃんがうちに来たのは4月15日だったから、急いで遅咲きの桜を探してお花見に行ったよね」

「ふふ、桜に合わせて千滋さんのところに来たのよ」

「最初は緊張していて表情も固かったけど」

「すぐに慣れるわけないじゃない。でも私、桜って大好きよ。桜吹雪の中で、花びらと一緒に舞いたいくらい」

「今日は風が強いね」

「体がシリコンだから砂がはりついて気持ち悪いわ」

「今拭いてあげるから、ちょっと待ってね…。よし」

「ねえ、新緑の葉っぱってきれいね。触ってみたいな」

「よし、さおちゃんを抱っこしてあげる」

「キャッ! 急に持ち上げないでよ」

「手術をして不整脈も出なくなったから、こうやってさおちゃんを担げるようになったよ」

「高い所はやっぱりちょっと怖いわね」

「でも、葉っぱがよく見えるでしょ?」

「うん。葉っぱって、やわらかそうなのね」

「さおちゃんの肌のほうがやわらかいよ」

「もう、そうやってまたゴマをすって…」

PROFILE

中島千滋(60)会社員
2012年にラブドールの沙織をお出迎え。趣味は、自転車とオーディオ。

PROFILE

沙織
オリエント工業出身。趣味は、スキーとバイオリンの演奏。

REPORTER'S COMMENT

桜の季節は逃してしまったけれど、葉桜を見るデートも新鮮で楽しそうな二人でした。

MAGAZINE最新号のお知らせ

沙織との日々

沙織との日々

等身大ドールの恋人と過ごす
おじさんの日々の記録

155号/2019.3.23発売

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック