彼と彼女の初H日記

初めてのH〜情けなくて全裸で駆け巡りたかった…

2016.11.14

東京グラフィティ編集部

東京グラフィティ編集部(Editor)

カレシ、コウ(25歳・アパレル業)、カノジョ、ゆん(24歳・会社員)
交際歴2年1ヵ月のふたりが初めてエッチしたのは、2014年8月22日のことでした。

※お互い見せ合わずに、初エッチの日記を書いてもらいました。

男に成長していた元カレに感動

彼とは地元が同じで、出会ったのは小学校。中学生のときには、同じクラスで席が近くなったことをきっかけに親しくなり、付き合うことになったんです。しかし、別の高校に進学するとうまくいかなくなり、結局数ヵ月でお別れしました。 そんな彼と再会することになったのが大学4年の夏。道端で私を見かけたとSNSを通して突然彼からメッセージがきました。なんでそんなことで連絡してくるのかと思ったけど、久々の元カレとの会話に少しドキドキ。何通かやりとりするうちに共通の友人を含めて飲みに行くことになりました。当日はなんだかぎこちない雰囲気で、そんな雰囲気を打破したいと思ったのか、みんなどんどん飲む(笑)。2軒目終盤の記憶はほとんどないですが、私と彼がいちゃついてたらしく、みんなは先に帰ってしまいました…(笑)。 そして私たちはホテルへ向かいましたが、私はいつのまにか寝ちゃったみたい。目覚めると顔つきが男に変わった彼が隣にいました。中学のときとは違う、大人の男になった彼に少し感動したのは覚えています。当時下手だと思っていたキスもやさしく、酔いもあってうっとり雰囲気に飲まれてしまいました。お互いの服を脱がし合い、そしてついに!となったのですが、数秒動いたら、おっきくなってた彼の息子はフニャフニャに(笑)。「飲み過ぎた…」と落胆する彼。私も気分が上がっていたので、できる限りの努力をするもむなしく…。へこむ彼を胸に抱き眠りにつきました(笑)。 翌朝、会ってなかった期間の話をしました。「ずっと忘れられなかったんだよね」と告白され、フリーだったのでまぁいいかとOKしました。そんな彼とも気づけば2年。それだけいられるってことは、そういうことだね(笑)!! これからもよろしくね!

情けなさすぎて全裸で駆け巡りたかった

地元が同じで小学生の頃から友だちだった彼女。昔からかわいくて活発でモテる女の子でした。僕もずっと好きで、実は彼女は初恋の相手です。そして、中学のときに告白したら奇跡的に付き合え、夢のような日々を過ごしました。しかし、体を触ったりするのは一切禁止。思春期真っ只中だった僕は我慢できず、彼女と数ヵ月で別れ、同じ高校のビッチと付き合ってしまったのです…。 それから数人の女の子とお付き合いをしましたが、ふと思い出してしまう彼女のこと。そんなある日、コンビニの前で彼女を見かけ、一気に当時に引き戻されました。思い切ってSNSでメッセージを送ってみると、予想外に話が弾み、飲みに行けることに! 当日は大人げに振舞っていたけど、解散時にはベロベロでベタベタ状態(笑)。ずっと彼女に抱きついて離れなかったらしい。 記憶は飛び、気がつくとホテルのベッド。一瞬でこの状況を把握すると、一気に酔いが覚めました。ずっと忘れられなかった彼女が隣にいる。裸で寝ている。そう考えると我慢できなくなり、彼女に抱きつきました。すると、彼女も同意してくれたかのように頷いてくれた。付き合っていたときでさえ触ることのできなかった彼女の胸に触れたときの感動は、言葉では表せません。そして、いざ挿入というとき…。僕のアレが機能しない。情けなさ過ぎて全裸のまま街中を駆け巡りたい気分でした。そんな僕のアレを彼女が必死に起こしてくれようとしたのはとても嬉しかった。この惨めさと嬉しさは一生忘れないと思います。 朝、ホテルを出て歩いているときに彼女に今までの僕の思いを告白し、また付き合えることになりました。かわいくていつも笑顔な彼女が本当に大好きです。お互い酒には気をつけようね…!

MAGAZINE最新号のお知らせ

沙織との日々

沙織との日々

等身大ドールの恋人と過ごす
おじさんの日々の記録

155号/2019.3.23発売

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック