特集:TOKYO新人類アーカイブ181

東京グラフィティ12年の集大成:東京をリードする181人写真集 

原宿に生息する73歳のデニムマスター

2017.02.27 PICKUP4特集SNAP個性的生き様ファッション

東京グラフィティ編集部

東京グラフィティ編集部(Editor)

東京グラフィティ12年間の歴史の中で、街頭で出会った注目人物たちを改めてクローズアップ! 今回はデニム使いが上級者な73歳のダンディに、いつまでもかっこよくいきる秘訣を探ってみました。 

ファッションに溢れ出るダンディズム

【TOKYO新人類136】
PROFILE

大橋英士(73)会社役員
趣味:音楽/夢:健康で、死ぬまでいい仕事をする

 

Q:よく買い物に行くお店は?

店は決めず、渋谷、原宿、南青山あたり。新しいお店は、雑誌で調べて必ず行きます。

Q:おしゃれのポリシーはありますか?

ワンアイテム主義。どのアイテムも今一番気に入っているものしか手元に残しません。

Q:コーディネートで大切にすることは?

全体のバランス。あとは、誰が見てもかっこいいと思ってもらえるコーディネートかだね。

Q:いつまでもかっこ良くいられる秘訣は?

昔から食事は腹6分目ですね。健康にもいいしね。45年前のデニムを今も履けます。

Q:理想の異性の三大条件は何ですか?

食べ物や着る物の趣味が合うこと。周りを意識できる思いやり。あとは、健康ですね。

Q:理想のデートコースは?

僕は街中が好きでね。外国でも、名所より人が住んでいる街を散歩するのが好きです。

Q:この世で一番美しいと思うものは?

美しいというのかわからないけど、海は何もしなくても気持ち良くて、昔から好きだね。

Q:生まれ変わるなら男? それとも女?

男は楽しかったね。いくつになっても活躍の場があって輝いていられるんじゃないかな。

Q:人生で一番幸せだった瞬間は?

今じゃない? 毎日楽しいよ。仕事では自分が作った着物が人に喜ばれたときが嬉しい。

Q:生き方の参考にした人はいますか?

半端じゃなくおしゃれな僕の先輩。仕事も遊びも第一線で、あんな風に年を取りたいな。

Q:座右の銘は?

不易流行。変えちゃいけないものは変えないけど、変えるべきものは変える。

Q:若い世代へのおしゃれのアドバイスは?

なんでも許される時代だから、人の真似をせず、好きなものを着ればいいんじゃないかな。


 

MAGAZINE最新号のお知らせ

女子が好きなヒロイン100人

女子が好きなヒロイン100人

100人の女性が選ぶ、
本・映画の最強ヒロイン!
#156/2019.5.23発売

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック