ひとり暮らしギャラリー

 大好きなファッションアイテムで作るアパレルROOM

2016.01.20 暮らしほっこり個性的ファッション

飯田彩乃

飯田彩乃(Editor)

PROFILE

きょろ/23歳/販売員
ひとり暮らし歴:2年6ヵ月/群馬出身/趣味:編み物、漫画

FAVORITE
大好きなファッションアイテムで作るアパレルROOM

『自作のアクセサリー台』
アクセサリー台は、自分で色を塗って作りました。身につけるもの意外はあまり興味がないので、インテリアも身につけるアイテムばかり。

大好きなファッションアイテムで作るアパレルROOM

『毎日付け替えるバッヂたち』
デニムジャケットや無地の洋服にはバッヂでアクセントを。すぐ使えるように飾っています。

大好きなファッションアイテムで作るアパレルROOM

『お気に入りの写真を壁に』
タンブラーなどのサイトで、メイクやコーディネートが気に入った写真を貼っています。

大好きなファッションアイテムで作るアパレルROOM

『リメイクブランドのバッグ』
最近黄色が好きで、見た目のかわいさに購入。気に入ったものがなかなか見つからないので、一目惚れしたら買ってしまいます。

大好きなファッションアイテムで作るアパレルROOM

『CHLOE SEVIGNYの雰囲気が好き』
自分の好みの雰囲気が集まっている本。メイクやファッションが、きれい過ぎないところがいいです。

大好きなファッションアイテムで作るアパレルROOM

『最近編み物にハマってます』
部屋に飾りたくて仕事から帰宅後、一つずつ編んでいます。自分を表現するような色使いを選んで、組み合わせるのが楽しい。

ROOM DATA

■間取り:1R(6帖)
■家賃:¥42,000 ■居住年数:2年6ヵ月
■駅から徒歩:20分 ■築:20年
■この部屋のセールスポイント
家賃が安く、大家さんがいい人。
■この部屋のウィークポイント
窓の位置が使いづらく、光が入り過ぎる。

PLACE

小田急電鉄小田原線 狛江駅
■その駅を選んだ理由
職場の最寄り駅に電車一本で行けて、家賃が安かったので。
■住んでみてどうでしたか?
住宅街で静か。お店が早く閉まるのが難点。
■次に引っ越すなら?
海外に住みたいので、オーストラリア。語学を勉強し、アパレルで働きたい。

REPORTER'S COMMENT

『東京グラフィティ』のファッションスナップコーナーで、1ページを飾ってくれたきょろさん。
後日、お伺いしたお部屋はとてもきょろさんらしい、かっこよくておしゃれな部屋でした!

MAGAZINE最新号のお知らせ

東京グラフィティ6月号発売中!

東京グラフィティ6月号発売中!

【特集】創刊150号記念 LOVE STORIES 150


表紙をクリックすると
フリーで記事が読めます!!⇒

CONTENTSすべてのコンテンツ

      CORPORATION運営会社

      グラフィティHP

      TWEET新着ツイート

      FACEBOOKフェイスブック

      FACEBOOKフェイスブック